2014.01.29

谷繁元信が語る「選手を引退するときの基準」

  • キビタキビオ●構成 text by Kibita Kibio
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

野村 古田さんについては? 兼任で監督をする姿を対戦相手として見ていたわけだけど。

谷繁 ただ、古田さんの時とは状況が全然違うと思いますから、古田さんは古田さん。僕は僕です。古田さんはすごい人だと思っていますけど、真似しようということはないです。

野村 そもそも、シゲは目標にしてきたキャッチャーっていなかったの?

谷繁 いないです。いま考えたら、ただの生意気なヤツなんでしょうけどね。

野村 ところで、この春から長男が大学生、次男が高校生になるよね。ふたりとも野球をやっているけど、父親としてどういう姿を見せたい?

谷繁 どうですかね……。とにかく、一生懸命やっている姿を見せたいですね。

野村 オフの時は、野球についていろんな話をする?

谷繁 プロ野球選手や監督としてではなく、父親として普通に接しているだけで、特に野球の話をするようなことはないですね。もちろん、会話の中で野球の話題になればしますけど。

野村 僕も高校生と中学生の息子がいるけど、もうプレイを見せられる機会はない。でも、息子が野球をやっていてくれているだけでも嬉しいよ。何気なく話が出たときに会話ができるしね。

谷繁 昨年の夏も、息子の応援に神奈川県大会に行きましたよ。いつになっても高校野球はいいですね。

野村 もしシゲの息子が甲子園に出たら、オレが代わりに応援に行くよ(笑)。

次回に続く

関連記事