2013.11.12

斎藤佑樹の覚悟「何が待っていたとしても、それも僕の人生」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 日刊スポーツ●写真 photo by Nikkan sports

 それでも斎藤は、取り組んできたことを信じて前を向く。

 力を入れなくても、力感を求めなくても、このフォームで投げ続ければスピードもどんどん上がっていくと信じている。

「去年の日本シリーズで147キロを投げたんですけど、あれで肩を痛めてしまいました。だからこそ、力を抜いて、肩に負担の掛からないフォームでも、同じ147キロを投げたいんです。同じフォームで投げていたら、そのうち肩のストッパーも外れて、スピードが出てくるんじゃないかと思っているんです。やっぱり、真ん中に行ってもバッターが詰まるとか、まっすぐとわかってるカウントなのにバッターが差し込まれるとか、そういうボールを投げないと……そこは捨てきれないんですよね。そういうピッチングをイメージすると、ワクワクしてきます(笑)」

 最強の24歳にはなれなかった。

 しかし、”最強の山”を上るルートはひとつではない。

 誰が何を言おうとも、斎藤佑樹は何ひとつ、あきらめてはいない。

関連記事