2013.10.25

悲願の日本一へ。楽天が巨人を倒すための「3つの条件」

  • 山村宏樹(元楽天イーグルス)●文 text by Yamamura Hiroki

 日本シリーズ進出が決定した後に則本に話を聞きましたが、「とにかくフル回転でいきます」と意気込みを語ってくれました。田中の活躍はもちろんですが、私は則本の起用法がひとつのカギだと思っています。

 一方の打線ですが、A・ジョーンズ、C・マギーの両外国人にかかっていると思います。短期決戦は、一発で試合が決まることが多い。今の楽天打線で一発が期待できる選手はこのふたりだけ。ともにCSでもホームランを打っていますし、彼らが打てばチームに勢いが出ます。

 それに、彼らの前を打つ3番の銀次の状態が非常にいい。シーズン終盤は調子を落としていたのですが、CSで本来のバッティングを取り戻し、インコースの厳しいボールをホームランにしたり、アウトコースのボールは逆らわずセンターからレフトに流したり、手がつけられません。銀次がチャンスメイクをして、ジョーンズ、マギーが還すというのが、楽天の得点パターン。

 唯一、不安を挙げるとすればDH制のない東京ドームでの戦いです。リーグ優勝後の試合では、銀次がレフト、ジョーンズがファーストに入っていましたが、これは日本シリーズの戦いを想定してのことでしょう。これによって、枡田慎太郎が使えなくなるのが残念ですが、今の楽天打線を考えればこれは仕方がありません。シーズンの時のようにビッグイニングは作りにくいかもしれませんが、着実に1点を取りにいく野球に徹してほしいと思います。

 そして今回の巨人との日本シリーズで重要になるのが、「右の代打の切り札」だと思っています。巨人には、内海哲也、杉内俊哉、山口鉄也を筆頭に左の好投手が揃っています。今年の楽天は、あまり代打を使わずにシーズンを戦ってきましたが、日本シリーズでは代打を使う場面が必ずあると思います。DH制がない東京ドームの試合ではなおさらです。そこで、私が期待するのが高須洋介選手です。

 今シーズンは出場機会に恵まれず二軍暮らしが続きましたが、その悔しさをこの大舞台で晴らしてもらいたいものです。「必殺仕事人」と野村克也前監督から命名された勝負強さは健在。実績、経験も申し分なく、相手にとっても怖い存在だと思います。ベテランの高須選手が代打の切り札となれば、より層の厚い打線になると思います。

 CSファイナルステージでロッテを下し、日本シリーズ進出を決めた星野監督は、「私の永遠のライバルであるジャイアンツに必ず勝利したい」と言っておられました。星野監督にとっても巨人は特別な相手。その思いは、選手たちも同じ。多くの選手が「仙台のファンの前でジャイアンツを倒したい」と語ってくれました。

 確かに、巨人は強い相手ですが、今の楽天も相当強い。必ず日本一になってくれると、私は信じています。

関連記事