2013.09.11

楽天ブルペンを支える優勝請負人・斎藤隆の献身

  • 山村宏樹●文 text by Yamamura Hiroki
  • 荒川祐史●写真 photo by Arakawa Yuji

 今シーズン、抑えとしてスタートして青山浩二も同様の思いを口にしていました。

「いろんな話を聞いてとても勉強になります。ブルペンにいてくれるだけで落ち着きがあります。隆さんから話しかけてきてくれるので、こっちからもいろいろと聞きやすいですし、助けてもらうことが多い。今では欠かせないですね」

 また、ブルペン捕手を務める長坂健司に聞いてみると、このような答えが返ってきました。

「ブルペンでの会話が増えてきています。隆さんが若い選手に試合の状況でアドバイスしていることもありますし、ただいるだけでものすごく安心感があります。ブルペンでの調整ですが、その日のゲーム展開にもよりますが、意外と投げるんです。これには驚きました。投げ過ぎだけが心配です。その他は何の心配もしていません。このまま精神的にブルペンを支えてほしいです」

 そして斎藤投手の球を受ける正捕手の嶋基宏は、次のように語ってくれました。

「マウンドでの集中力が全然違います。シーズンが進むにつれて、より鋭さが増している感じがします。開幕当初より球速も上がっていますし、スライダーのキレも出てきています。間合いの取り方も絶妙で、マウンド捌(さば)きはさすがですね。まだまだボールに力がありますし、本当に頼りになります」

 Kスタの時はいつも練習の様子を見ていますが、斎藤投手はとにかく元気。それにランニングはフォームを確認しながら集中してやっていますし、キャッチボールもものすごく丁寧に行ないます。短時間ではありますが、中身の濃い練習をしているのが印象的です。

 シーズン当初は、相手の流れを食い止める役割でしたが、後半に入り、セットアッパー、クローザーを務めることが多くなってきました。ただ、投げる場所は変わっても、ピッチングのスタイルやリズムはまったく変わっていません。

 本拠地のマウンドに上がる時のファンの歓声がすごくて、普通のピッチャーなら余裕をなくしてしまいそうな時があるのですが、斎藤投手に限っては、その心配はなさそうです。どんな時も冷静で、さすが数々の修羅場を経験してきただけのことはあります。

 とにかく、これから優勝に向けて斎藤投手に求められるのは、いかに選手を落ち着かせることができるかでしょう。これまでにない緊張感を味わうでしょうし、プレッシャーもどんどんかかってくる。メジャーリーグでも「ポストシーズン請負人」と呼ばれた斎藤投手。悲願の初優勝に向けて、魂の投球はもちろん、精神的支柱としても頑張ってほしいです。

関連記事