2013.08.18

阪神の将来のエース。解説者7人の「藤浪晋太郎」論

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya

 ここまでは、ピッチャー経験者から見た藤浪について語ってもらったが、打者目線から見た場合、藤浪という投手はどのように映っているのだろうか。

◎田口壮(元メジャーリーガー)

「体の使い方が独特で、日本のプロ野球にはいない投球フォームのピッチャーですよね。だからといってメジャーっぽいかといえば、そういう感じでもない。僕は、彼の能力を生かすべく、フォームをいじらなかった大阪桐蔭の西谷浩一監督がすごいと思いました。それで実際、藤浪の球を打つとなったら相当研究して作戦を練らないと打てないでしょう。それでも打てるかどうかわかりません(笑)。できれば、対戦を避けたい投手ですね。あのインステップからのピッチングは嫌ですよ。右打者の場合、アウトコースの球はどんどん遠ざかり、インコースのボールは一度外へいくような感じから内に入ってくる。ボールの軌道が非常に特殊なんです。ただ僕は、彼の何が素晴らしいかといえば謙虚なところだと思います。登板したあとは自分の投球を振り返り、ちゃんと研究している。これだけ騒がれて、なおかつ結果を残しているにも関わらず、自分を見失うことがない。今の成績はこうした謙虚さによって得られたものだと思います」

◎高橋雅裕(元横浜)

「特長は何と言っても手足の長さ。他の投手とはリリースポイントが違うんです。それにインステップしてくるので角度もある。左打者の場合は右打者とくらべれば怖さはないかもしれませんが、やはり、他の投手にはない角度から投げてくるので打ちにくさはあるし、左打者に対してもスライダーやカットボールをしっかり投げ込める。それが勝てる理由のひとつだと思います」

高卒1年目から10勝を挙げた投手は、過去に6人しかいない。古くは、堀内恒夫、鈴木啓示、江夏豊、森安敏明。最近では松坂大輔と田中将大。まさに錚々たる顔ぶれだ。こうした偉大な投手たちに並ぶ日はすぐそこだ。

関連記事