2013.07.25

進化する4番、中田翔に三冠王の可能性あり

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 さらに、昨年まで西武のバッティングコーチを務め、中村剛也や中島裕之(現アスレチックス)を指導した土井正博氏は、中田の成長を次のように説明する。

「タイミングの取り方が抜群にうまくなった。いいバッターというのは、どんな時も自分のタイミングで打てる。ようやく中田もその域に達したのかなと思う。自分のポイントで打てればヒットになる確率も高くなるし、もともと長打力はあるので本塁打も増えるでしょう。三冠王を獲れるか、獲れないかはわからないけど、獲ったとしても不思議ではありません」

 そして、3度の三冠王に輝いたことのある落合博満氏は、自身の講演会で観客からの「三冠王に最も近い選手は誰ですか?」という質問に、「いません!」と即答したが、直後に「面白いのはアイツ」と言って、中田翔の名前を挙げたという。その理由について、落合氏はこう述べたそうだ。

「首位打者は誰にでも可能性があるけど、本塁打王を取れる選手は限られている」

 中田自身も、「言葉に出すのは好きじゃないけど、本塁打、打点、打率で一番になりたい」と言う。いずれにしても、三冠王に挑戦する資格のあるバッターになったことだけは間違いない。日本ハムの4番として、また球界を代表する4番として、中田翔のさらなる飛躍に期待したい。

関連記事