2013.05.17

西岡剛がタイガースにもたらした「化学反応」

  • 岡部充代●文 text by Okabe Mitsuyo
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 初の開幕スタメンから、全試合フルイニング出場を続ける大和。西岡の背中を見て、投手に球数を投げさせることの重要性や、積極的な走塁、2番打者の果たすべき役割などを学んでいる。このまま大和が成長を続ければ、間違いなく西岡の加入がプラスに働いたと言えるだろう。

 もうひとつ、ムードメーカーとしての西岡も忘れてはいけない。いつの頃からか、ホームランを打った選手を出迎えるとき、ベンチ前で指を3本立てて、みんなでスタンドへ向けて腕を振るパフォーマンスが恒例となっているが、これを先導したのは選手会長の関本賢太郎と西岡だと言われている。

「僕が来てチームが明るくなったと言われるのはうれしいですけど、もともと明るい選手が多かったんですよ。ただ、注目度の高い人気球団ゆえに、若手は萎縮しているようなところがあった。リードしてくれているのはセキさん(関本)やトリさん(鳥谷)で、僕ではないですよ」

 西岡は移籍組らしく、生え抜きの先輩たちを立てたが、昨年までいた選手が変わったのだとしたら、そこにはやはり、西岡の有形無形の力が働いているはずだ。

「チームが勝っているときは、雰囲気が良くて当然。大切なのは、負けが込んだときにも同じようにできるかどうかですよね」

 それが分かっている西岡なら、これからも“化学反応”を起こし続けるに違いない。

関連記事