2013.05.10

阪神・藤浪晋太郎はプロ1年目の松坂大輔を超えることができるか?

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • 小池義弘●写真 photo by koike Yoshihiro

 高校時代から「勝てるピッチャーになりたい」と口癖のように話し、「失点したとしても、最終的に1点でもリードしていればそれでいい」と語っていた藤浪らしい発言だった。160キロを投げられなくても、バッタバッタと三振を奪えなくても、最終的にチームが勝てばいい。それこそが藤浪の投球哲学であり、プロに入った今も変わらない。

 前出の与田氏はここまでの藤浪についてこう評価する。

「藤浪投手の素晴らしいところは、150キロを超すストレートもそうだけど、ストライクが取れて、タイミングの取りづらい変化球を持っているということ。十分に一軍レベルのボールです。ただ、課題を挙げるとすれば、ストレートのコントロール。たしかに藤浪投手のストレートは速いんですが、動くし、荒れる。10勝以上を目指すのであれば、ボールを動かさずに両コーナーに決める制球力が必要です。荒れ球は打ちにくさがあるかもしれませんが、計算ができない。プロのレベルでは、こうした不確定要素は通用しない。コースにピンポイントで投げられるようになれば、それこそすごい成績を残すと思いますよ」

 ここまでの戦績や藤浪の言葉から、彼自身が心がけているのはクオリティスタートだ。1年間ローテーションを守り抜き、6回を3失点以内に抑えていけば、自ずと松坂の成績に近づいていく。

関連記事