2013.03.27

【WBC】メジャースカウトは「侍戦士」をどう見たか

  • 永塚和志●取材・文 test by Nagatsuka Kaz
  • photo by AP/AFLO

 彼によれば、WBCはアメリカのスカウトにとって、国交がなく普段なかなか直接視察することができないキューバ人選手を見ることができる絶好の機会でもある。その一方で、強打者揃いのキューバチームと1次ラウンドで対戦した田中や前田らの相対的な実力も計ることができる、と見ている(しかもキューバの国内リーグは秋から春にかけて行なわれ、他国とは違って選手の状態は良かっただけになおさらだ)。

 福岡に来ていた数十人のスカウトのほとんどが旧知だというバドラー記者の田中と前田の評価は以下の通りだ。

「田中についてはWBCでは、スカウト連中が望む形での使われ方をされなかった(つまり先発ではなくなってしまった)が、メジャーで平均以上の球速と空振りが取れる絶対的なスライダーがある。スカウトによっては、彼の球が意外と打ちごろになってしまうことがあると思う者もいたかもしれないけどね」

 前田については、恐らく彼の名前と実力が大会前までは田中ほど知られていなかったということもあって、このWBCでのパフォーマンスは驚きだったようだ。

「前田は福岡でも良かったが、東京での出来はさらに印象的だった。東京での彼は直球がよく動いていたし、投球のほとんどをストライクゾーンに投げているにも関わらず、ベースの両サイドを効果的に使っているから打者に的を絞らせなかったね」

 WBCに訪れたスカウトたちが、このバドラー記者のように田中や前田、あるいは他の多くのトップ選手たちの具体的なデータを得たのは間違いない。

 ファンにとってはWBCは国と国のプライドを賭けた熱い戦いだが、他方で、同じスタンドには彼らのように冷静にフィールドの選手達の動きを見つめる者たちがいた。彼らにとってこの「品評会」は、これから始まる選手争奪戦のプレリュードでしかない。

関連記事