2013.02.10

【WBC】高代延博コーチに聞く。
日本代表のキーマンは誰か?

  • 木村公一●構成 text by Kimura Koichi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

―― 前回大会を通して苦労した点があるとすれば?

高代 苦労というか、先を見越した戦いができないという精神的な辛さがありました。特にアメリカでの準決勝以後は、負けたら翌日、帰国しなきゃいけない。あれはキューバ戦の前だったか、わざとスーツケースの荷物をまとめなかったんです。まとめると、なぜか負けてしまう気がして。

―― そんな一発勝負を制するポイントがあるとしたら、どんなことでしょう?

高代 簡単に連打の出ない展開になりますので、いかに次の塁を奪えるか。走塁が勝敗を分けるように思います。その走塁も、簡単に1点が取れないからと言って無理をしてはいけない。よく好走塁と凡走は紙一重と言いますが、国際大会ではイチかバチかの走塁はダメなんです。絶対にセーフになるという瞬間的判断の下にプレイしなきゃいけない。とはいえ消極的になってもいけない。その兼ね合いが実に難しい。

―― キーマンを挙げるとすれば?

高代 糸井(嘉男)でしょうね。走攻守すべてにおいて、彼の能力は突出しています。糸井のひとつのプレイが、チームに大きな流れを運んでくれそうな気がします。あとは鳥谷(敬)ですね。彼がサードやセカンドを守れれば、攻撃面での幅が全然違ってくる。宮崎での強化合宿ではそのあたりの適性を見極めたいと思います。

―― 山本監督とは大学の先輩後輩でもあり、広島時代は監督とコーチの間柄でもありました。ひと言でいうと、どういう監督ですか?

高代 見かけによらず、気配り屋なんです(笑)。性格も繊細ですし。ただ、初めて代表監督になられて、相当気負いが感じられますね。ペナントレースなら勝ち方にも意味があったりしますが、短期決戦の国際大会に「いい勝ち方」なんてないし、必要もない。監督がそうしたことを実感されるようになれば、肩の力も少しは抜けると思いますが。

―― ライバル国を挙げるとすれば?

高代 韓国とはほんと戦いたくないですね。先日、韓国が台湾の1次ラウンドで敗退する夢を見たんです。目が覚めて、夢だと思ってガックリきた。それだけ自分の中で手強い、対戦したくない相手ということなんですよ、韓国は。

関連記事