2013.02.08

【プロ野球】高卒ルーキー投手が1年目から活躍する条件は?

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro

「高卒どうこうを問わず、ピッチャーとして大事なことはボールのキレとコントロール。このふたつが一軍レベルにあるかどうか。濱田はキレもいいし、コントロールも悪くない。ここから、特に変化球のキレともうワンランク上のコントロールを身につけていけば、近い将来、面白い存在になると思う」

 あるいは今季から日本ハムの投手コーチを務める黒木知宏は、球の質にプラスして技術面での修正能力を挙げた。

「プロは情報戦の場でもあります。例えばひとつクセが見つかったとしてすぐに修正できるか。極端に言えば、試合の中で修正して、かつ投球が乱れないレベルの修正能力や対応力があるか。もちろん、クセが少ない方がいいわけで、その上に高い修正能力を備えていることが一軍で早く活躍できるひとつの要素でしょう」

 一昨年のドラフトで武田を単独指名したソフトバンクの永山勝スカウト部長は、高卒ルーキーが1年目で活躍できる条件として、4つのポイントを挙げた。

 ひとつ目は、球の力、コントロール、守備といった投手に必要な基本的な能力。なかでも大事なことは、「いつでもストライクが取れる変化球を持っている」ことだという。

「得意な変化球がひとつあれば一軍への近道になります。もしその球が、楽天の田中のスライダーのように決め球にも使えるのであれば、なおさらいいです」

 ふたつ目が、内面の強さだ。松坂や田中らはアマチュア時代から大舞台を経験し、またそこにたどり着くまでの過程で鍛え抜かれた精神的な強さを持ち合わせていた。対して武田は大舞台の経験こそなかったが、高校生とは思えないほどの落ち着きや、人並み外れた向上心を感じたという。

「内面がしっかりしている子は、プロに入っても吸収力が高い。キャンプ、オープン戦からシーズンへと進む過程で、同じ練習を繰り返してもそれを次に生かそうとするから、伸び率も高い。同じことをやるにしても、取り組み方ひとつで結果は変わってきます」