2012.10.29

【プロ野球】中日・山﨑武司が語る
「日本ハム巻き返しのキーマンは中田翔だ!」

  • 阿部珠樹●構成 text by Abe Tamaki
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 一方、敵地で連敗したファイターズですが、それほど状態が悪いとは思いません。2試合で1得点となかなか点が入りませんが、第2戦では糸井嘉男、稲葉篤紀、小谷野栄一といった主軸に当たりが出てきて、雰囲気は悪くないと思います。ただ、2戦目を落としたことは意外に響くかもしれません。

 武田勝の好投でジャイアンツに追加点を許さなかった展開は、リードはされていたとはいえファイターズのペースだったといえます。もし早い回で同点に追いついたりしていれば、一気に勢いづいたはずです。ところがチャンスは作るものの、あと一押しができなかった。この負けは、大差で落とした初戦よりも惜しまれる一敗になりました。

 3戦目からは本拠地で戦えますし、ひとつ勝てば雰囲気も変わってくるはずです。そこでキーマンをあげるとすれば、やはり中田翔になるでしょう。
 
 中田は2戦目で死球を受け、途中交代しました。シーズン中は中田を一度も4番から外すことをしなかった栗山監督にしては早い交代だった。もし死球の影響が大きく、出場が微妙なことになってしまえば、ファイターズにとっては大きな痛手になるでしょう。

 パ・リーグの優勝がかかったライオンズ3連戦の初戦、中田は札幌ドームで2本の本塁打を放ち、勝利を呼び込んだ。打率こそ高くはありませんが、大舞台に強く、打った時のベンチやファンの盛り上がり方を見てもわかるように、特別な選手なんです。中田の活躍なくしてファイターズの逆転優勝は考えられません。

 一方、ジャイアンツにしてみれば、早く王手をかけて一気に決めたいところでしょう。そこでキーマンになるのが村田修一です。4番・阿部、5番・高橋由伸と左が並んでいる。チャンスでふたりに回ることがあれば、早い回でもファイターズは左のリリーフを立てる可能性が高い。ファイターズの左は石井裕也、宮西尚生のふたりなので、阿部、高橋のあとも続投が考えられる。今シーズンの村田は対左投手の打率が.246と低く、ここで抑えられることになると厳しいでしょうね。逆に、しっかりとランナーを還すことができれば、得点力は大きく上がり、打線のつながりも出てくるでしょう。シリーズ前は、状態が今ひとつと言われていた村田ですが、打撃練習や守備の動きを見る限り、シーズン中よりもキレがあるように見えます。この村田が結果を残せば、ジャイアンツの3年ぶりの日本一も大きく近づくでしょう。

 いずれにしても、球場が変わりますので、これまでの戦いは一度リセットできます。連敗を喫したとはいえ、ファイターズにもまだ十分チャンスはあります。そのためにも中田のバッティングには大いに注目したいですね。

関連記事