2012.09.26

【プロ野球】
掛布雅之が語る「タイガースの現在と未来。そして監督……」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 説田浩之●撮影 photo by Setsuda Hiroyuki

―― そのブラゼル選手ですが、城島(健司)選手と併用されたり、不慣れな外野を守ったりすることもありました。

「僕自身の考えですが、そのことでブラゼルのバッティングが死んでしまったんじゃないかと。彼の野球のリズムを狂わせてしまったんじゃないかと思うんです。城島選手はあくまで捕手として獲ってきた選手で、いくらバッティングがいいとはいえ、ホークス時代の全盛期の状態ではない。ブラゼルと城島のバッティングを比較しても、僕はブラゼルの方が上だと思うんですよ。だから、併用ではなくブラゼルひとりに任せてもよかった。今シーズンでいえば、新井(貴浩)の代わりに4番を打てるのはブラゼルしかいなかったと思いますよ」

―― 4番打者も1年を通して固定できませんでした。

「昨年までの新井は"金本の代役の4番"という意識が強かった。でも、今年のキャンプで新井と話をした時に『今年はやりますよ』って言っていました。それを聞いて、阪神に来てはじめて4番というものを意識したんだなと思ったんです。ただ、ひとりで4番を背負うというのは本当にキツイことなんです。そこで何が必要になってくるかといえば、前後を固める打者なんです。昨年、新井がなぜ打点王を獲れたかといえば、本人も言っていましたが、マートンとブラゼルの存在なんです。ただ4番に据えるだけでなく、前後のバランスも考えてあげれば、もっと違う結果になっていたのかもしれないですね。4番というプレッシャーをひとりで背負い込んでしまった気がします」

―― また、これまでタイガースを支えてきた金本選手が引退を発表しました。

「これは僕の考えですが、金本は4番を打てなくなった時点で引退を考えたと思うんです。4番を張ったことのある選手なら、誰もがそう思うはずです。でも、金本は4番じゃなくてもチームに残って欲しいと、球団から言われていたんじゃないでしょうか。彼の練習する姿や全力疾走は若手の手本でしたから。本当に素晴らしい財産をタイガースに残してくれました。今後は金本が残してくれたものを、若手選手がどう受け止め、どう生かしていくかでしょうね」