2012.09.22

【プロ野球】独走Vのジャイアンツ。
クライマックス・シリーズに不安はあるか?

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 今シーズンのジャイアンツの強みは勝ちパターンを複数持っていること。打撃戦もできるし、ロースコアの投手戦にも対応できる。先発が早く崩れても、カバーできる層の厚さも強みだ。

「相手はドラゴンズかスワローズだろうが、どちらも主力に故障者が出てしまった。特にドラゴンズは吉見一起の離脱が痛い。初戦を吉見で取って、2戦目はジャイアンツが苦手な左腕のソトというのがプランだったろう。ともかく吉見で必勝というのがドラゴンズのパターン。それが作れなくなってしまった」

 むしろジャイアンツから見て、怖さがあるのはスワローズだという。

「村中恭兵、赤川克紀、石川雅規と左の先発がそろっている。それに抑えのバーネットも好調。東京ドームでの対戦成績も悪くないし、先発が頑張って接戦にもつれ込めば、ジャイアンツにとっては嫌な展開。ただし、ここも主力のミレッジの離脱が大きい。スワローズの外国人は長打のあるバレンティンと穴の少ないミレッジがそろってこそ力を発揮する。バレンティン1枚だと案外攻略しやすいと思いますね」

 戦力を分析すれば、どこが出てきてもジャイアンツ優位は動かない。ただし、「日程」や「逆シリーズ男」の出現が思わぬ落とし穴になる可能性も決してないとはいえないようだ。

関連記事