2012.08.13

【プロ野球】中日・大野雄大、球は荒れても気持ちはストレート

  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 大野の全力投球を受けたのは、彼が4年春の時。

 受ける前の印象はこうだった。踏み込んだ右足が思い切り突っ張る投球フォームで、そこから強引に上体をかぶせて腕を振ってくる。だからストレートはシュート回転するに決まっている。

 おみそれしました。ごめんなさい。

 右打者のインコースに構えた速球に、シュート回転の球はひとつもなかった。それに球速はほとんどが145キロ前後で、最速は148キロ。

「これが大野雄大のボールかぁ!」

 少しでもボールが垂れるとそう叫んで、怒らせながらのピッチングだったから、まさに正真正銘の全力投球。

「投げていてこんなに燃えたん、全日本の合宿以来ですわ」

 投げ終わって、「ありがとうございました」と帽子をとった頭からは、ホカホカっと湯気が上がっていた。

 ちょっと屈折したところがあるヤツ――最初に会った時の印象だ。ところが何度か会うたびに、どんどん印象が良くなっていく。

「ダメなヤツなんで、自分......」

 話の最中、繰り返し語尾に使っていたこのフレーズ。これが何とも頼りなく、消え入りそうにつぶやくから、何度も「そんなことないよ」と、彼の分厚い肩を叩いたりしたものだった。

 弱いところを悟られたくないから、余計に肩を怒らせて生きている。だが、それをあっさりと見抜かれてしまう。そんな「かわいいヤツだ」ということが、2度目に会った時にわかってしまった。