2012.08.08

【プロ野球】松井秀喜を獲りにいく日本の球団はあるのか?

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • photo by AP/AFLO

 根本的な立て直しが求められるとなると、気になるのはタイガースだ。精彩のない試合が続き、補強の失敗への批判も大きい。松井自身、プロ入り以前はタイガースファンであることを公言していた。松井のタテジマを夢見るファンも少なくない。

「甲子園のヒーローだし、ファンを公言していたこともあり、タイガースが数年前から松井の調査をしていることは事実です。しかし、実際に獲得に動く可能性は低いのではないでしょうか」

 そう分析するのは、あるタイガース担当の記者だ。

「ひとつには球団の基本姿勢があります。老舗球団としてタイガースにはジャイアンツとともに歩んでいこうという考えが根強い。ジャイアンツを出し抜いてまで、かつてのジャイアンツのスター獲得に動くことはないでしょう。球団の方針もあります。株主総会で補強の失敗を追及されたこともあり、球団は生え抜きの選手による若返りを図ろうとしています。そのため、金本ですら出番が減っている状況です。そこに金本とポジションが重なる松井を呼んでくる可能性は低い」

 もうひとつ、現在のチーム状況からも、松井を獲るメリットは多くないという。

「今年のタイガースの不調は複合的な要因で、特に打撃不振が言われていますが、実は守り負けしているケースが多い。内外野の守備が投手の足を引っ張って落としている試合が目立つのです。そこに守備に不安を抱える松井を加えるメリットはあまりないのでは」

 タイガースがそうしたスタンスとなると、現実的な可能性があるのはジャイアンツか。前出のセ・リーグ編成担当はいう。

「今のジャイアンツを見ると、ポジションがないというのが正直なところでしょう」

 たしかに、レフトには高橋由伸や谷佳知がいて、このふたりは、打撃はともかく守備は松井よりも安定している。クリーンアップも阿部慎之助に加えて、坂本勇人が成長して、松井が復帰しても、状態も考えずに「ハイ、4番お願い」というわけにはいかない。

「代打の切り札なら可能性はあると思いますが、それで松井選手が納得するかでしょうね」

 以前、松井に話を聞いたとき、プレイヤーとしての一番の目標は毎日ゲームに出続けることと言っていた。その松井が出番の見えない、一振りに賭ける代打という立場に納得できるかどうか。

 そうなると、本人さえ望めばすぐに実現しそうに思える日本復帰も、案外クリアしなければならない問題は多いようだ。