2012.07.16

【プロ野球】クローザーを苦しめる「統一球」と「3時間30分ルール」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

ケガや不調もあって、どのチームの絶対的な守護神の確立に頭を悩ませている そしてもうひとつ、『3時間30分ルール』でクローザーを悩ませるのが、「準備の難しさ」だと与田氏は言う。

「これまでの延長12回までだと、どういう場面で出ていくのか、ある程度予測できたと思います。しかし、時間との勝負になると展開が読みづらい。私もクローザーの経験がありますが、いちばん苦労したのが準備です。体も気持ちも100%の状態で、はじめて力が発揮できるもの。それだけ登板のタイミングというのは非常に大きな問題なんです」

 時間との戦いになれば延長に入るのか、入らないのかもわからない。そうした状況での準備は、想像以上の負担を強いることになるという。当然、このままではクローザー受難の時代はこれからも続いていくだろう。これらの解決策はあるのだろうか? 与田氏は言う。

「監督、コーチをはじめ、首脳陣にとってはすごく難しい問題だと思います。長い目でシーズンを戦っているとは思うのですが、目の前の試合は何としても勝ちたい。でも、それでは選手は壊れてしまう。だから、連投は2試合までとか、2点差以上は投げさせないとか、何か自分たちのルールを作るべきです」

 そして最後にこう付け加えた。

「マイナーリーグのあるメジャーと違い、日本のプロ野球は絶対的な人数が少なすぎます。ひとりケガをしたからといって、すぐ次の選手というわけにはいかない。それはチームだけの問題にせず、野球界全体で取り組んでいくべきだと思いますね」

 投手分業制となって久しいが、クローザーは常にチームの命運を握っている。それだけにどのチームもクローザーの確立に知恵を絞り、時間を費やしてきた。もちろんこれからも、そうした姿勢は変わらないだろう。ただ、これからは育て上げるのと同じぐらい、クローザーを守ってほしいと切に願う。

関連記事