2012.05.28

【プロ野球】3戦勝ち星なし。いま斎藤佑樹に必要なものは?

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta

 真っすぐでゴロやフライに打ち取ることができるのは、大胆さを前面に出せるからだ。ところが、初対戦のドラゴンズのバッターとの距離感をしっかり掴めないうちに相手にブンブン振られて、斎藤はいつしか大胆さを失ってしまう。低めを丁寧に突こうとする、去年の序盤のようなピッチングになってしまったのだ。結果、3回まではゼロに抑えたものの、4回、高めをブンブン振ってくるふたりのバッターに、ついに出会い頭の強烈な打球を打たれてしまった。

 和田にセンターの右へ痛烈な当たりのヒットを打たれ、ブランコには札幌ドームのレフト上段へ、特大のホームランを運ばれてしまった。仕方がないと割り切ろうとしたものの、あそこまで飛ばされると、残像を消しきれるものではない。

 これで、1点差。

 さらに、ワンアウトから7番の山﨑を歩かせてしまう。慎重にいきすぎたがゆえの、後味の悪いフォアボール。エラーも絡んで、この回、一挙に同点に追いつかれてしまう。吉井コーチは試合後、こう話していた。

「いつもよりコントロールが悪かったね。テンポも悪くて、佑ちゃん本来のピッチングができなかった。打たれた球は全体的に甘かったし、いい感じで追い込んでも、勝負球で苦しんでいたね。いい時というのはどんどん追い込んで、だからボール球も振ってくれていた。ボールが先行すると厳しいよ」