2012.03.27

【プロ野球】パ・リーグ戦力分析。優勝争いはオリックスと西武か?

  • 石塚隆●構成 text by Ishizuka Takashi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 その昨年の1位、2位を出し抜きそうなのが西武。特に注目したいのがルーキーの十亀剣や。オープン戦終盤は打ち込まれたけど、落ち着いたマウンドさばきと投球術は新人離れしていて、先発ローテーションに入るだけの力は十分にある。野手では新外国人のヘルマンがええがな。外国人にしては珍しく選球眼がいいし、ミートもうまいから、出塁率が高い。ケガで出遅れている片岡易之の穴は十分埋めてくれるはずや。そして何と言っても大きかったのが、中島裕之の残留や。いるといないとでは全然違うやろうし、本人も今年に懸ける思いは強い。中島が先頭に立ってチームを引っ張ってくれたら、きっと結果もついてくると思うで。

 そんな西武と優勝を争いそうなのがオリックスや。戦力の充実度でいえば、パ・リーグでは一番とちゃうかな。もともと投手力はあったけど、西武からミンチェを獲得し、新人の海田智行も期待できるので、より厚みが増した印象やね。課題だった打線も、韓国で二度も三冠王を獲得した李大浩(イ・デホ)を獲得。これまで日本に来た韓国人選手では間違いなくナンバーワン。どんな球でもヒットにできる技術があるし、おそらく打点王か首位打者、どちらかのタイトルを獲るような気がする。李の加入によってT-岡田の負担も減るやろうから、再びホームランを量産するかもしれんし、打線はここ数年で一番いい。また選手ではないけど、個人的に森脇浩司守備・走塁コーチの加入も大きいと思う。ホークス黄金期を支えた頭脳は、昨年までオリックスにはなかった機動力や守備の細かさという部分で大きな力になりそうだし、戦い方のバリエーションも増える。今年のオリックスには注目やで。

 そして楽天やけど、田中将大ひとりに頼ってしまいそうな感じがあって、厳しいシーズンになりそうやな。それなりに補強もしたけど、小粒な選手ばかりで大きな戦力アップとはいかへん。それに山崎武司という精神的支柱を失ったことも大きい。もともと楽天はおとなしい選手が多く、チームの負けが込むと厳しいんとちゃうかな。

 一昨年の日本一から、昨年は最下位に転落したロッテやけど、今年は補強もうまくいったので急上昇も十分あるやろうな。投手ではルーキーの藤岡貴裕、中後悠平が加わり、日本で実績のあるグライシンガーも獲得。キャンプも見たけど、新キャプテンの今江敏晃はやる気がみなぎっていたし、清田育宏も体が絞れていた。それにチームリーダーだったサブローも復帰するなどプラス材料が多く、投打とも昨年よりも確実にアップしとる。若いピッチャーも多いし、勢いに乗ると怖い存在になるで。昨年最下位といえども、もともと力のあるチームやから、Aクラスは十分に狙えるやろうな。

 とにかく昨年はソフトバンクがぶっちぎりで優勝したけど、今年はそんな展開にはならんやろう。戦力の充実という部分では西武とオリックスが一枚上のような気がするけど、絶対的な強さがあるわけではない。今年のパ・リーグは例年以上に混戦になるような気がするなあ。


>>金村義明の2012年プロ野球戦力分析~セ・リーグ編