2012.02.24

【プロ野球】最下位脱出へ、
実力派ルーキートリオがロッテ投手陣を救う!

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • photo by Nikkan sports

 その藤岡と仲がよく、いつも一緒に練習しているのが近畿大出身の中後悠平だ。左サイドスローから150キロを超すストレートとスライダーが武器。特にスライダーは曲がりが大きく、コースに決まれば、左打者は相当苦労するだろう。本人も「大学時代は左打者に打たれた記憶はほとんどない」と語るように、左打者に対して絶対的な強さを持つ。セットアッパーやワンポイントなど、勝負どころでの登板を期待されているが、課題はコントロール。ブルペンで見ていた橋本氏も、「ちょっとしたランディ・ジョンソンやね」と笑いながら評していたが、起用に関して次のような意見を述べた。

「走者を置いた場面でのリリーフは、今のコントロールだと四球の心配があるので厳しいでしょう。それよりも先発が面白いと思うが、駒が揃っているからね。まだ体もできあがっていないし、少し鍛えてから使ってもいいかもしれない。しかし、体ができてくるとすごいピッチャーになると思いますよ」

 そしてこのキャンプで最も首脳陣の評価を上げたのが、ドラフト4位で入団した益田直也だ。市立和歌山商高時代は内野の控えだったが、「小学生でやっていた投手のほうが自分の可能性があると思った」と、投手として関西国際大のセレクションを受けて合格を果たした異色の経歴を持つ。野茂英雄を思わせるトルネード気味のフォームから最速148キロのストレートを投げ込み、カーブ、スライダー、スプリット、フォークと変化球も多彩。キャンプ中には、「投球の幅を広げたい」と西本聖投手コーチに直訴してシュートを教わった。

 大学時代は主にリリーフとして活躍し、プロでも中継ぎで起用される予定だが、西本聖コーチは、「ボールのキレもいいし、コントロールも素晴らしい。先発でも10勝はできるんじゃないか」と素質の高さに目を細める。

 新戦力が活躍すると、数字だけではなく、チーム全体に活気が生まれる。ベテランは負けないようにと張り切るし、停滞気味だった中堅、若手には競争心が生まれる。昨シーズン、リーグ最下位のチーム防御率だったロッテ投手陣。藤岡、中後、益田と3人のルーキー投手がマリーンズの新たな起爆剤になるのは間違いない。

関連記事