2012.02.10

【プロ野球】「断トツの優勝候補」大型補強の巨人が抱える不安

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • photo by Nikkan sports

現時点で外野手のレギュラーに確定しているのは、昨年の首位打者・長野久義だけ 一方、昨年センターでゴールデングラブ賞に輝いた長野久義が今年はライトに回る。俊足と強肩を最大限に生かしたいということで、原監督はコンバートに踏み切ったようだが、この狙いはわかる。しかし、代わりに誰がセンターに入るかとなると心配な材料もないではない。内野から転向した大田泰示、復活をかける松本哲也、俊足の鈴木尚広といったあたりが候補になるが、大田は肩や足など身体能力は抜群でも捕球や打球の判断などでまだまだ学ぶことが多い。松本は守備範囲の広さ、捕球のうまさは抜群だが、肩が今ひとつという難点がある。鈴木を使うとなると、打線の構成がむずかしくなる。いずれにしても長野以外の外野手は手探りしながら起用していくしかない。

 とにかく、久しぶりにこれだけの大型補強を敢行した巨人の戦いに注目が集まるのは間違いない。そんな中で、巨人OBであり投手コーチの経験もある中村稔氏は次のような見解を示す。

「1年目は大丈夫。心配なのは2年目以降。移籍1年目というのは注目度が高いし、本人も緊張感を持ってやる。だからいきなりひどい成績ということはあまりない。だいたいが成績をあげる。杉内は昨年8勝しかできなかったが、故障があるわけではないし、背番号もエースナンバー18をもらって張り切っている。ホールトンは角度があってセ・リーグにあまりいないタイプ。どちらも期待に応えられるのではないか。ただ、2年目以降はチームに慣れて気が緩みがちになるし、1年目張り切りすぎて故障するケースも多い。ガクッと成績が落ちる傾向が強い」

 今シーズンの大型補強が吉と出たか凶と出たかは、今年だけでなく、来年以降も見てみないと結論は出せないのかもしれない。

関連記事