2012.02.02

【プロ野球】充実の2年目、斎藤佑樹がブルペンでつかんだ手応え

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 5人の中では、ひときわ目立っていた。

 誰よりも球数を投げ込んだ乾、フォークを何度も叩きつけてしまう榎下、外と内を丁寧に投げ分けようとする吉川。去年、一軍で投げることができなかった植村は、持っている武器を総動員していた。

 しかし、斎藤にはアピールの必要はない。

 誰よりも遅くブルペンにやってきて、誰よりも早くブルペンを後にする。

 いかにも斎藤佑樹らしい演出だと思った。

 ストレートだけ。

 しかも、格の違うストレート。

 ポンと投げ始めて、ポンポンと投げ終えて、サッサとマウンドにトンボをかけて、スッといなくなる。

 颯爽と、堂々と──。

 このメンツの中で、突出しないわけにはいかない。斎藤を支配し続けてきた、夏の甲子園で勝ったという責任。世代トップにいなければならないという誇り。ファイターズの同級生に囲まれて、絶対に埋もれてしまうわけにはいかない。

 吉井理人ピッチングコーチに訊いた。

 なんと粋な演出だろう。

「狙い? 佑ちゃんの同級生ばっかり? ホンマ? そりゃ、知らんかったわ(苦笑)。いやいや、ホンマに知らんかったよ。年齢順にブルペンで投げさそうとしたら、たまたまそうなったのかもしらんけど、そうやったか。ほんなら、今度は狙ってやってみるわ(笑)」

 吉井コーチのおとぼけか、はたまた偶然の産物か。斎藤に、「同級生、意識していたよね」とぶつけてみた。

 すると斎藤は嬉しそうに言う。

「ハイ、同級生4人、バリバリ意識してました。他と同じことをしてちゃ、ダメです。違うことしないと、目立たないから(笑)」