2012.01.04

【インタビュー】高橋周平(中日)「将来は中軸を任されるような打者になりたい」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小内慎司●写真 photo by Kouchi Shinji

―― 先輩たちにはどんなことを聞きたいですか?

「正直、野球に関してはまだ何を聞いたらいいのかわかりません。ただ、1年間を通して野球漬けの生活を送ったことがないですし、普段からどんな生活をしているのかは知りたいですね。野球以外のことを教えてもらいたいですね」

―― 他のチームの選手でもいいので、この人にこういうことを教えてもらいたいというのはありますか?

「特定の人はいませんが、左打者でインコースの打ち方がうまい選手に、インコースの打ち方を教えてもらいたいですね。でも、恐れ多くて聞けないですよ(笑)」

―― これまですごいなと思ったバッターはいましたか?

「本当にすごいなと思ったバッターは横浜高校時代の筒香(嘉智)さん(現・横浜)だけです。あまり他の選手のことをすごいなと思ったことはないのですが、筒香さんだけは別格でした。打球の速さ、伸び、それに雰囲気が他の選手とまったく違いました。プロのバッターでもそれほどすごいなと思うことはないのですが、筒香さんは今でもすごいと思っています。同じセ・リーグなので、楽しみですね」

―― ホームラン、打率、打点などいろいろなタイトルがありますが、獲りたいタイトルはありますか?

「打点にはこだわっていきたいですね。もちろん、ホームランも打ちたいですし、ヒットも多く打ちたいです。でも、勝負どころで1本打てる打者になりたい。それがチームやファンからの信用にもなりますし、勝利にもつながると思います。いずれは中軸を任されるようなバッターになりたいですね」

―― 1年目の目標は?

「一軍の試合に出ることです。正直、いまの実力ではレギュラーにはなれないと思っているので、まずは二軍で実績を残して、一軍の試合に出られるようにしたいですね。少しでも多く一軍の投手と対戦することが、2年目、3年目へのステップになると思っています」

―― 最後に、高橋周平のここを見てほしいというのは?

「今年はプロ1年目ですし、がむしゃらさ、若さを見てほしいと思います。もちろん、レギュラーを目指して頑張りますが、技術よりも気持ちでアピールしていきたいですね」

関連記事