2020.06.08

山口俊はムネリン級の人気者になれるか。
活躍のカギを握る球種がある

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO


 山口投手は先発4番手、5番手の座を争うことになるでしょう。ライバルは前出のソーントンと、故障明けのマット・シューメイカーのふたりだと思います。ただ、今季は変則シーズンによる過密日程に対処するため、チャーリー・モントーヨ監督は先発を6人に増やす考えも持っているようです。

 ただ、6人でローテーションを回すからといって、先発の座が確約されたというわけではありません。時速100マイル(約161キロ)の剛速球を誇る大型新人ネイト・ピアーソンを筆頭に、若手が徐々に台頭してきているからです。

 若手が急激に成長すれば、山口投手がリリーフにまわる可能性も十分にあります。マーク・シャパイロ球団社長兼CEOは「ヤマグチは万能性があるので、先発でもリリーフでも使える」と評価しており、先発とリリーフ両方を補える「スイングマン」という重要な役割を与えられるかもしれません。

 今春のキャンプで、モントーヨ監督はこう語っていました。