2019.03.03

菊池雄星が大谷翔平の攻略法をイメージ。
「自分の武器になるのは…」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 田口有史、甲斐啓二郎●写真 photo by Taguchi Yukihito,Kai Keijiro

西武時代の同僚・ウルフから英会話やアメリカの文化について学んだと語る菊池雄星西武時代の同僚・ウルフから英会話やアメリカの文化について学んだと語る菊池雄星 ── それほど自信のあるストレートを打ち返されたということは、やはりバッターとしての大谷選手は抜きん出た存在なのでしょうか。

菊池 だって僕ら、ビジターで札幌ドームへ行くと、ちょうどアップする時間に大谷がバッティング練習をしているんですけど、みんな、アップしないで大谷の打球に見入ってますからね。そんなの、大谷だけですよ。どこまで飛ぶんだって、チームのみんなが練習そっちのけで見てしまうほど、すごいってことだと思います。

── エンゼルスとマリナーズは同じア・リーグ西地区。対戦する機会も多いと思います。大谷選手に対して次はどう攻めますか。

菊池 日本にいた時と打ち方もフォームも変わっていますからね。マウンドに立ってみないとわかりませんけど、左対左のスライダーはメジャーでも自分の武器になってくると思います。ただ過程も大事なので、真っすぐをどこで使うか、カーブとかチェンジアップをどう使うかということも考えなければならないし......要は、その時になってみなければわからない、ということですね(笑)。

── エンゼルスと戦う前に、今年のマリナーズはまず、アスレチックスとの東京ドームでの開幕戦があります。

菊池 それは僕にとってはものすごく幸せなことです。しかも、イチローさんと一緒にプレーできる可能性があるというのは、この上ない幸せなことかなと思います。イチローさん、僕が生まれた年にドラフトで指名されて、プロ野球選手になっているんです。僕が生きてきたその間、ずっとプロ野球選手だったなんて......そんなイチローさんと一緒にプレーできることになったら、そんな幸せなこと、ないじゃないですか。

── もし東京ドームで先発できたら、イチロー選手はどこを守っているイメージですか。

菊池 そんなこと、僕が言えるわけないじゃないですか(笑)。イチローさんなら、外野のどこだってイメージできます。