2019.03.02

菊池雄星が告白。移籍真相とイチロー愛
「マリナーズがダントツでした」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 甲斐啓二郎、田口有史●写真 photo by Kai Keijiro,Taguchi Yukihito

── 実際、それぞれの球種に対する手応えはいかがですか。

菊池 スライダー、カーブに関しては、ストライクを取れる感覚はあります。スライダーはファウルを打たせてカウントを取る曲がりの小さいのと、三振を取るための曲がりの大きなのを投げけています。そこにチェンジアップを右バッター、左バッター関係なく投げられればピッチングの幅が広がるんだろうなと思っています。チェンジアップは日本にいたときからの課題ですし、メジャーだからということではなく、毎年の僕の宿題です(笑)。

── フォークに取り組んでいたこともありましたね。

菊池 そうですね。カーブ、スライダーは右バッターの懐に入っていく球なので、そこに逃げる球があればと思うことは多いんですよね。フォークでもチェンジアップでもシンカーでも、何でもいいんですけど、落ちる球は必要になってくると思います。チェンジアップは腕が振れれば振れるほど引っかけちゃったりするんで、難しいんですよ。

── メジャーのボールを握った感覚はいかがですか。

菊池 やっぱり滑ります。滑るので、最初の段階でボールが手から滑り落ちないように少しだけグリップが強くなっている感じはあります。日本の時はボールが手に吸いついてくれるので脱力できるんですけど、それができないのが......

── そうして1球1球、ほんの少しだけグッと力を入れて強く握らなければならない積み重ねがヒジに負担をかけているという話も聞きますが、そこはどう対処しようとお考えでしょうか。

菊池 そこは、やるしかないということです。ケガをしないための最善の努力をしていくしかありません。日々のケアを怠らず、トレーナーさんと連携しながら、そういうボールを使う環境でやるんだから、と覚悟しています。

後編に続く

関連記事