2019.03.02

菊池雄星が告白。移籍真相とイチロー愛
「マリナーズがダントツでした」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 甲斐啓二郎、田口有史●写真 photo by Kai Keijiro,Taguchi Yukihito

── なるほど、つまりドジャースタジアムの熱気、カーショウのピッチングが、フタをしていたメジャーへの思いに火をつけたと......

菊池 そのシーズンは、9勝で終わっていたんですけど、ドジャースタジアムで「フタしている場合じゃない、やっぱり行かなきゃ」という気持ちになって、日本に戻ってから契約更改で初めて球団に気持ちを伝えました。メジャーへ行きたいですって。

── 高校時代、菊池投手を熱心に追いかけていた小島圭市さんは当時、ドジャースのスカウトでした。プロに入ってからもドジャースのカーショウ投手に憧れていて、それでも今回、マリナーズを選んだのは何が一番の理由だったんですか。

菊池 やっぱり最初にオファーいただいたこと、それから一番高く評価していただいたこと、僕のことを一番必要としてくれていると感じさせてくれたこと。なにしろ、ローテーションの軸として回ってくれることを信じているとハッキリ言っていただきましたから......それとすごく魅力的だったのはイチローさんが同じチームにいるということです。あとは起用法に関する緻密なプランニングを説明してくれたことも大きかったと思います。すべてにおいて、マリナーズがダントツでした。

── 思えば高校を卒業する時にもドジャース、マリナーズ、ヤンキース、レッドソックスなど、メジャー8球団の話を聞いているんですよね。

菊池 高校の時はどこの球団も、具体的な話というより「アメリカはハンバーガーだけじゃないよ」みたいな感じのところからスタートしていました(笑)。日本で伝えられているような環境じゃなく、マイナーであってもきっちり食事もサポートして、言葉の面でもサポートしますという話でしたけど、今回は具体的なイニング数や、無理をさせずに少しずつアメリカの環境に慣れさせていこうというプランを考えてくれていて、説明はかなり具体的でしたね。