2018.11.17

侍ジャパンの名遊撃手たちが見た
「メッツの新生・ロサリオの守備力」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Getty Images

「動きがダイナミックで、リズムでボールを捕っている感じがします。それに手足も長く、体も柔らかいので、僕らがギリギリ追いつきそうな球でも簡単に捕ってしまう。打球に追いつくまでのスピードが速いですよね。数試合しか見ていないので詳しいところまではわかりませんが、彼の動きを見ていていいショートだなというのは確信しました」

 同じくパ・リーグの遊撃手としてゴールデングラブ賞に輝いた源田壮亮も続く。

「グラブさばきに関しては、普段はもっと確実にやっていると思うのですが、おそらく見せようとしていたのかな......と(笑)。ただ、ダッシュ力であったり、守備範囲の広さであったり、肩の強さであったり、そういう部分は僕らがいくら鍛えても追いつけないというか、身体能力の高さを感じます。シーズン中にどんなプレーをするのか見てみたいですね」

 そして現役時代に7度のゴールデングラブ賞に輝いた侍ジャパンの井端弘和守備・走塁コーチの見方はこうだ。

「ロサリオに限らず、守備の確実性という部分では、正直、日本の選手の方が上だと思いました。ボールの捕り方、送球の正確性など、日本の選手の方が安定しているかなと。ただ、これはあくまで確実にアウトにできる範囲の話であって、ヒット性の当たりをアウトにしたり、難しい打球をゲッツーにしたりするのはメジャーの選手の方が長けていると思います。ロサリオの印象は、スピード感がありますよね。前後左右の動きがリズミカルで、ボールへの到達が速い。これに確実性が加われば、すごいショートになると思います」

 今回、来日したMLBメンバーで名実ともにスーパースターと呼べるのはヤディアー・モリーナぐらい。だが数年後、「あの選手も日本に来ていたのか......」となっている可能性はある。そしてそのなかに「あのロサリオも......」となるのかどうか。なかなかテレビで見る機会は少ないかもしれないが、ロサリオのプレーは今後も要注目である。

関連記事