2018.03.22

イチロー獲得で、マリナーズは
「こんなに良いことずくめ」を検証する

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 この言葉を聞いて感じたのは、今のイチロー選手は個人記録を伸ばすことよりも、チームが勝つこと、マリナーズが優勝することを第一に考えているに違いないということです。昨年のマリナーズは西地区3位に終わりましたが、シーズン中盤の8月9日時点までは59勝56敗と勝率5割以上をキープし、地区2位のワイルドカード圏内でした。今年の戦力を考えても、プレーオフに進出できるチャンスは十分にあるチームなのです。

 イチロー選手はこれまで偉大な記録を数多く作ってきたにもかかわらず、いまだワールドシリーズへの出場が叶っていません。また、マリナーズ自体もその舞台に立ったことがないので、それが実現すればイチロー選手はまたひとつ大きな仕事を達成したことになるでしょう。マリナーズの帽子で野球殿堂のレリーフに入るとき、イチロー選手がどれだけ多くの業績を成し遂げているのか楽しみです。

◆デストラーデ「野茂は人間だけど、イチローはエイリアンだね」>>>

◆イチローがシアトルで残した名言集「回り道なくして次へは進めない」>>>

関連記事