2018.01.23

覚えてまっか? あの元タイガース
助っ人たちを辺境のプロ野球で発見

  • 阿佐智●文・写真 text&photo by Asa Satoshi

 世界中には様々なプロ野球がある。中南米の、いわゆるウインターリーグもそのひとつだ。日本のプロ野球選手が武者修行の場として挑戦したことで、すっかりファンにもおなじみになったメキシコドミニカ、ベネズエラ、プエルトリコは高いレベルを誇り、それぞれのシーズンの後、チャンピオンを決める”カリビアンシリーズ”で覇権をう。

 この4大リーグのほかにも、中南米にはあまり知られていないプロ野球が存在する。中米の小国、ニカラグアとパナマのリーグがそれだ。ほとんどの選手は、夏は国外のさまざまリーグでプレーしており、冬の短いシーズンに帰省を兼ねて凱旋する両国の出身者だ。しかし、ここにもわざわざ“出稼ぎ”に来ている助っ人がいる。

 ニカラグア南部、コスタリカ国境近くの町・リバス。南北アメリカ大陸を貫くパンアメリカンハイウェイ沿いにある古びた球場に薄暗い灯がともる。そのグラウンドでキャッチボールをしている選手たちのなかに懐かしい顔があった。

2005年から阪神で3年間プレーしたダーウィン 写真撮影をお願いすると、そうするのがクセなのか、かつてニューヨーク・ヤンキースのプロスペクト(有望株)だった頃にベースボールカードに収まっていた時と同じ、グラブを胸に抱えるポーズをとってくれた。

 彼の名はダーウィン・クビアン。2005年から3年間、阪神タイガースでプレーしたピッチャーだ。もともとサッカー選手で野球経験はなく、高校生の時にヤンキースのベネズエラ・アカデミーで試しにボールを投げたところ、その剛球に将来性を見出したスカウトから契約を勧められてプロ入りしたという逸話を持つ。

 プロ7年目の2000年にはトロント・ブルージェイズでメジャーデビューを果たしたものの、残念ながらアメリカでは芽が出ず、活路を日本に見出した。

 阪神では、鉄壁のリリーフ陣”JFK“の一員であったジェフ・ウィリアムスが故障離脱した2006年にその代役として49試合に登板するなど活躍。しかし、日本でのプレーも結局3年で終わり、その後はメキシコ、韓国、故郷のベネズエラでプレー。ここ数年はイタリアに渡り、45歳の今も現役を続けている。