2017.12.18

大谷翔平へ、ジョニー黒木からの伝言。
「男の生き様を見せてくれ」

  • 田中将介●文 text by Tanaka Masayuki
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 大谷は、完成された大器だと思われがちだが、黒木は「発展途上」だと言い切る。大谷自身もエンゼルスの入団会見で「完成された選手ではない」と発言している。

「いいフォームで投げているときはいっぱいあるけれど、本人の中ではまだ構築されてない。万全の能力をってしなくても、70%の力で抑えてしまう。でも目指すところはそこじゃない。圧倒的に抑えなきゃ」

 大谷のボールは、花巻東時代からすでに160キロを計測していた。スピードボールを放つ技術は、すでに高校生で確立されていたといえる。しかし、黒木が最初に述べたように、ボールに強さは潜んでいなかった。大谷のすごさはどこにあったのだろうか。

「勝負球が中に入らないコントロール。追い込んでからスライダー、フォークをとらえられたことはほとんど見なかった」

 ここで黒木の指すコントロールのよさというのは「コースに投げ分けられる」ことではない。勝てるピッチャー=勝負どころでミスの少ないピッチャー。ここぞというときの大谷のコントロールはピカイチだった。

 世界一のピッチャーになるために黒木は3つの課題を大谷に与えた。スピードボールを追い求めること。ボールの質を追い求めること。質のいいボールを投げる割合をげること。

 黒木自身は現役時代、スピードへのこだわりを捨てている。スコアボードに表示されるスピードを気にしすぎて、先輩に怒られたことがあった。そこから制球力とキレで勝負するようになると、勝ちが舞い込むようになった。だからといって大谷に強制することは一切しない。