2017.11.06

へっぽこ球団と見せかけ4年で世界一に。
アストロズGMが使った魔法

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 しかし一方で、チーム成績が悪かったためにドラフトでは毎年のように上位指名権を獲得できました。ルーノウがGMに就任する直前の2011年ドラフトではジョージ・スプリンガー(1巡目全体11位)、2012年はカルロス・コレア(1巡目全体1位)、そして2015年にはアレックス・プレグマン(1巡目全体2位)。まさしく今回、ワールドシリーズで活躍した選手ばかりです。

 その徹底的な長期再建プランによって、アストロズの成績は2015年から徐々に上向きになっていきました。2015年は86勝76敗と勝ち越してア・リーグ西地区2位となり、ワイルドカードを獲得して10年ぶりにプレーオフに進出(ディビジョンシリーズ敗退)。2016年はプレーオフ進出を逃しましたが84勝78敗をマークし、来季につながる手応えを掴みました。

 そして2017年、強豪チームの仲間入りを果たしたアストロズは、ついに頂点を目指すシーズンを迎えます。開幕から快進撃を続け、序盤は117勝ペースで勝ち星を量産。後半になって少し失速したものの、球団史上2度目となるシーズン100勝の大台を突破し、16年ぶりの地区優勝を果たしたのです。