2017.08.18

青木宣親は「負け組」じゃない!
メジャーリーグ夏のトレード総決算

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 この夏、なぜヤンキースは先発投手をふたりも獲得したのか。それは、先発陣が苦しい台所事情にあるからです。まずはオールスター直後、先発3番手のマイケル・ピネダが右ひじのじん帯部分断裂と診断され、まさかの今シーズン絶望となってしまいました。

 本来ならピネダの穴は、若手選手の起用で埋めたいところでしょう。しかしながら、23歳のルイス・セベリーノと今年デビューした24歳のジョーダン・モンゴメリーはともに先発経験が浅く、これまで長いイニングを投げていないので、故障を防ぐために投球回数の制限を設けられているのです。

 しかも8月に入り、ベテランのCC・サバシアとエースの田中将大投手が揃って故障者リスト入りしてしまいました。そんな緊急事態となってしまっただけに、新戦力グレイとガルシアの存在はまさにチームにとって渡りに船。ア・リーグ東地区で首位を走るボストン・レッドソックスを追いかけるヤンキースにとって、この補強は大成功だったと言えるでしょう。

 他にもヤンキースは、チームの弱点をカバーし得る補強に成功しています。7月18日にはシカゴ・ホワイトソックスからリリーフ投手のデビッド・ロバートソンとトミー・ケインリー、そして三塁手のトッド・フレイジャーの計3人を一気に手に入れました。