2016.12.29

イチローも喜ぶ。マーリンズ入り田澤純一に
年俸7億円の価値はあるか

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 また、田澤投手にとってマーリンズというチームは、とてもメリットの多い球団だと思います。まず、強力なスラッガーを擁するチームばかりのア・リーグ東地区から、DH制のないナ・リーグに移ったことで、ピッチャーにかかるプレッシャーは大きく軽減されることでしょう。マーリンズのマイケル・ヒル編成本部長も、「最大の激戦区であるア・リーグ東地区で投げてきたという実績は大きい。多彩なレパートリーの球種でアウトを取ってきた」と、レッドソックス時代の実績と経験を高く評価しています。

 そしてもうひとつは、本拠地球場がボストンのフェンウェイ・パークからマイアミのマーリンズ・パークへと移ることです。球場の偏りを表す指標となっている「パークファクター」によると、今年のフェンウェイ・パークのヒット指標は1.161で、これはメジャー30球場中で2番目に多い数字でした。対して、マーリンズ・パークのヒット指標は0.868で、これはメジャー30球場でもっとも低い数字だったのです。1.000が平均値を表しているので、ふたつの球場にかなりの差があるのがわかります。

 メジャー有数のヒッターズパーク(フェンウェイ・パーク)からピッチャーズパーク(マーリンズ・パーク)に本拠地が変わったことで、田澤投手はさらに飛躍できるのではないでしょうか。また、気候もボストンの寒さとは対照的に温暖な土地なので、マーリンズはピッチャーにとって天国。田澤投手にとってさらに活躍できそうな移籍なので、年俸600万ドル(約7億円)の価値は十分にあると思います。チームの貴重なセットアッパーとして、イチロー選手とともにマーリンズの勝利に貢献してくれることでしょう。

■MLB 記事一覧>>

関連記事