2016.08.08

ダルビッシュの新女房役獲得で
レンジャーズがリーグ優勝最有力

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 そんな折、DH向きのベルトランを手に入れることができたのです。不振のヤンキースにおいて、ベルトランはひとりで気を吐く活躍を見せ、特に6月17日以降の夏場でア・リーグ2位の打率.356という絶好調ぶり。ベルトランはプレーオフの経験も豊富で、ポストシーズン通算打率.332を誇っています。地区優勝のみならず、ポストシーズンを見据えたうえでも、ベルトランの存在は大きいでしょう。

 さらにレンジャーズは8月1日のトレード期限ぎりぎりに、ミルウォーキー・ブルワーズからジョナサン・ルクロイ(打率.298・16本塁打・54打点)というオールスター捕手と、クローザーのジェレミー・ジェフレス(2勝2敗27セーブ・防御率2.12)という右の剛腕も獲得しました。特にルクロイの加入は、レンジャーズにとって大成功と言えるのではないでしょうか。

 レンジャーズは昨年、フィラデルフィア・フィリーズからヒューストン・アストロズへのトレードに対して拒否権を行使したコール・ハメルズをトレード期限最終日に獲得した経緯がありました。そして今回も、インディアンスへのトレードに拒否権を行使したルクロイを期限最終日に獲得しました。

 このトレードにより、エースのダルビッシュ投手とバッテリーを組むキャッチャーもルクロイが務めることになるので、日本人ファンにとっても注目でしょう。トレード期限が過ぎて、ア・リーグでもっとも補強で成功したチームはレンジャーズではないでしょうか。5年ぶり3回目のリーグ優勝に向けて、レンジャーズの後半戦がますます楽しみです。

※数字は8月6日現在

関連記事