2015.12.06

石井一久氏に聞く。「マエケンはメジャーで成功できるのか?」

  • 島村誠也●取材・文text by Shimamura Seiya   山本雷太●写真 photo by Yamamoto Raita

――前田選手も、メジャーにくればローテの3番手くらいだろうという評価も聞こえてきます。過去にローテの一番手と見られた日本人投手はいますか。

「世界は広いですからね。一番近づいたのはダルビッシュじゃないですかね。これは日本人投手に限らず、すごく難しいポジションだと思います。どこの球団でも一番手はかなりいいので、下位のチームなら……というわけでもない。

 1番手と認められるには、年間を通して抜群の成績をコンスタントに残さなければなりません。メジャーでこれをやり遂げるのは至難の技で、ローテの1番手のすごさはそこにあります。2番手3番手だとやはり実力で少し劣ってしまうんです。僕が経験した感覚では、メジャーでレギュラーの選手たちは、まったくレベルが違うところにいるので。最初は抑えられても、やがては自分の身体がフレッシュな状態でないと、やられることが起きてくる。そういう選手たちを相手に通年、そして3年も4年も抑え続けるのは、本当に大変なことなんですよ」

 慎重に言葉を選びながらも、メジャーのすごさを肌で感じてきた石井氏の話はとても興味深く、そこでローテを守ること、それを長く続けることがいかに大変であるか、伝わってきた。次回は今年の交流戦、日本シリーズで話題となった「セ・パの差」について聞く。
(つづく)

MLB記事一覧>

関連記事