2015.06.16

【MLB】オールスターに選ばれそうな「遅咲きニューカマー」

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by Getty Images

 開幕から6連勝という記録は、アストロズでは2004年のロジャー・クレメンス以来。その結果、4月と5月に2カ月連続でア・リーグの月間最優秀投手に選出されました。これも、アストロズでは1998年の8月と9月に月間最優秀投手に輝いたランディー・ジョンソン以来となる快挙です。現在は7勝2敗で、防御率1.90はア・リーグ2位。いまやカイケルは、リーグを代表するエースと言えるでしょう。

 カイケルの特徴はアーチャーと対照的で、打たせて取るピッチングスタイルです。最大の武器はシンカー。アメリカでシンカーを投げるピッチャーは圧倒的に右投手が多く、左投手は非常に珍しいのです。球威はそれほど高くないのですが、キレの良いシンカーでバッターから凡打の山を築いています。

 昨シーズンのデータを見ても、彼のピッチングスタイルがうかがい知れます。カイケルは奪った1個のフライに対し、ゴロでアウトにした数は2.83個。圧倒的にゴロを打たせるのがうまいのです。このゴロの比率は、昨年メジャー1位の値。今シーズンもシンカーのキレは健在で、現在メジャートップのゴロ率2.67をマークしています。まさにメジャー屈指のグラウンドボールピッチャーと言えるでしょう。ア・リーグ西地区で首位を走るアストロズ躍進の原動力は、間違いなくカイケルです。