2015.05.26

ツーシーム、バックドア…。今メジャーリーグで話題の球種は?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 一方、メジャーで愛用されているチェンジアップも、いろんな呼び名が増えてきました。まずは、「スプリット・チェンジ(split change)」。これは、スプリット・フィンガー・ファストボール(SFF)を投げるときのように、ボールを指で挟むようにして握ります。これを決め球にして注目されるようになったのは、タンパベイ・レイズのアレックス・カッブという先発投手です。彼の投げるスプリット・チェンジはバッターの手前で鋭く沈むので、空振りを奪うときの最大の武器となっています。近年、使い手の増えている球種のひとつと言えるでしょう。

 また、「スリーフィンガー・チェンジ(three finger change)」も最近のメジャーリーガーは好んで使っています。ボールをがっちりとホールドしやすいので、安心して投げられることが好まれる要因のようです。ボストン・レッドソックスで先発を務めるリック・ポーセロが使い手として有名です。

 あと、「バッグス・バニー・チェンジ(bugs bunny change)」という変わったネーミングのチェンジアップもあります。バッグス・バニーとは、アメリカの有名なアニメに登場しているウサギのキャラクターのことで、ちょこちょこと動き回って捕まえづらいボールの軌道をすることから、この呼び名になりました。タイガースのアルフレド・サイモンという先発投手が得意としています。

 このように、メジャーリーグでは次々と聞き慣れない呼び名の球種が誕生しています。日本では浸透していない呼び名ですが、現地のメジャーリーグ中継では解説者が頻繁に使っており、アメリカで発売されているスカウティングレポートなどを読んでいると、今回紹介した球種が記載されています。常に新しい発見があることも、メジャーリーグの魅力だと思います。

■MLB 記事一覧>>

関連記事