2015.04.05

歴代大統領もマウンドへ。メジャー開幕戦は「特別な日」

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 しかし1986年、「シンシナティから始まる」という伝統行事に思わぬ横槍が入りました。なんと、デトロイト・タイガースが「レッズの試合より35分早くプレイする」と発表したのです。もちろん、シンシナティ市民はその行為に対して大激怒。シンシナティ副市長はデトロイトからの飛行機の乗り入れを拒否し、デトロイトのあるミシガン州のナンバープレートを付けたクルマを締め出す抗議運動を展開しました。しかし、それにもかかわらずタイガースは先立って開幕戦を強行し、長きに渡る伝統が崩れ去ってしまったのです。不思議なことながら、このときMLBコミッショナーはタイガースの行為を止めようとしませんでした。

 そして1990年になると、メジャー開幕戦の歴史に再び大きな転機が訪れます。そのキッカケは、アメリカのスポーツ専門局『ESPN』がメジャーリーグの放映権を獲得したことです。レッズのホーム開幕戦「トラディショナル・オープナー」が行なわれる日は、毎年4月の第1週の月曜日、時間はデーゲームと決まっていました。しかし、ESPNは全米中継するために1試合だけ好カードを選び、1日早い日曜の夜にメジャー開幕戦を行なうようになったのです。

 今では、必ずしもレッズの開幕戦でシーズンがスタートするわけではなくなりました。それでも、シンシナティで行なう「トラディショナル・オープナー」が持つ重要性は変わりません。レッズは毎年ホームで開幕を迎え、大勢のファンが球場に集まります。