2014.12.25

福島良一が選ぶ「2014年メジャーリーグ10大ニュース」

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu photo by AFLO

 ただ唯一、コーファックスを越えられていないのは、いまだワールドシリーズを制していない点でしょう。コーファックスは2度、ドジャースを世界一に導いています。今年もカーショウはプレイオフで打たれてしまい、リーグチャンピオンシップシリーズで敗退してしまいました。ぜひとも来年こそは、チャンピオンリングを手にしてもらいたいと願っています。

【第6位】 キューバ人スラッガーがメジャーリーグを席巻

近年のキューバ人スラッガーの活躍には目を見張るものがあります。2012年にはアスレチックスに入団したヨエニス・セスペデス(現タイガース)が打率.292・23本塁打・82打点と大暴れし、ア・リーグ新人王投票で2位。2013年はドジャースからヤシエル・プイグが彗星のごとく現れ、史上初のデビュー月で月間MVPを受賞。そして今年は、シカゴ・ホワイトソックスのホセ・アブレイユがルーキーイヤーで打率3割・30本塁打・100打点以上をマークし、満票で新人王を獲得しました。

 キューバから亡命したスラッガーが次々と活躍していますが、今年のアブレイユは特にすごかったです。ア・リーグ5位の打率.317、3位の36本塁打、4位の107打点の数字もさることながら、特筆すべきはリーグトップの長打率.581でしょう。新人での長打率1位は、史上3人目の快挙です。

 そして2015年には、次なるキューバ人スラッガーも控えています。11月27日、ダイヤモンドバックスが今年6月に亡命したヤスマニー・トマスという24歳の外野手と、6年総額6850万ドル(約81億円)で契約合意しました。これは亡命キューバ人選手史上、最高金額です。

 近年のメジャーリーグ各球団は、「キューバ人スラッガー」と「日本人ピッチャー」という、ふたつの新勢力に注目しています。ますますメジャーを席巻しそうな勢いなので、今後も目が離せません。

(後編に続く)

関連記事