2014.09.13

逆境をチャンスに変えられる岩隈久志の強さ

  • photo by Getty Images

中谷仁(なかたに・じん)1979年5月5日、和歌山県生まれ。甲子園の名門、智弁和歌山高校出身。甲子園には正捕手として3度出場し、2年生だった 1996年センバツ大会では準優勝。3年生の1997年夏の甲子園では主将として全国制覇を成し遂げる。同年のドラフト1位で阪神に入団。その後、 2005年オフに金銭トレードで楽天へ移籍。2012年からは巨人に移籍。その年を最後に引退し、巨人ブルペン捕手としてリーグ優勝に貢献。2013年の WBC日本代表でもブルペン捕手としてチームに帯同した。現在は大阪の野球教室「上達屋」でプロ野球選手から子どもたちまで幅広く指導を行なっている。中谷仁(なかたに・じん)1979年5月5日、和歌山県生まれ。甲子園の名門、智弁和歌山高校出身。甲子園には正捕手として3度出場し、2年生だった 1996年センバツ大会では準優勝。3年生の1997年夏の甲子園では主将として全国制覇を成し遂げる。同年のドラフト1位で阪神に入団。その後、 2005年オフに金銭トレードで楽天へ移籍。2012年からは巨人に移籍。その年を最後に引退し、巨人ブルペン捕手としてリーグ優勝に貢献。2013年の WBC日本代表でもブルペン捕手としてチームに帯同した。現在は大阪の野球教室「上達屋」でプロ野球選手から子どもたちまで幅広く指導を行なっている。

 そしてもうひとつ、彼の大きな武器がメンタルの強さなんです。今年の開幕前、クマは右中指を痛めて登板できませんでした。もちろん心配はしましたけど、「これでまた状態を上げてくるだろうな」と思いました。

 昔からクマは、少しの期間離脱すると、必ずといっていいほど状態を上げて戻ってきます。「そこを強化して帰ってきたか」と思うことが何度もありました。リハビリの間、しっかりトレーニングを積んだ証なのですが、彼はひとりになった時の時間の使い方がうまかった。簡単そうに思えますが、実はこれが難しいのです。

 クマの意識を大きく変えたのが2006年です。この年、クマは右肩を痛めて8月中旬ぐらいまで二軍にいました。その間、毎日、朝早く来て、トレーニングに励んでいました。ひとり黙々とグラウンドを走っていた姿が今も印象に残っています。当時は、「このまま終わってしまうんじゃないか」というような悲壮感を漂わせていました。

 実は、楽天は投手にとって過酷な環境なんです。寒い時期が長く、夏なんて2週間ぐらい。9月になると一気に冷え込んでしまう。体調管理が難しく、ケガもしやすい。クマはケガをしたことで、自分の体のことを勉強したんだと思います。もう二度とリハビリ生活はしたくないという思いが伝わってきました。そして2008年に21勝を挙げ、完全復活を果たしました。その経験は間違いなく、クマの財産になったと思います。

 とにかくクマは、「自分のやっていることは正しい。絶対に良くなる」と信じられる力がありました。たとえケガをしたとしても、「この間にここを鍛えよう」という考えができあがっている。だから、地道なトレーニングにも耐えることができるんだと思います。