2013.06.16

メジャー2年目の飛躍。岩隈久志の「変えない」凄さ

  • 笹田幸嗣●文 text by Sasada Koji
  • photo by Getty Images

 決して自分を変えない。これは岩隈の哲学かもしれない。例えば、岩隈は完封目前であっても投球数が100球近くになり、交代を促(うなが)されればマウンドを降りる。続投を志願することは一切ない。常に右肩の状態を考え、中4日で次の登板の準備をする。マウンドでの岩隈は、限られた球数の中で自分は何ができるのかを考え、それを実践する。これは日本にいる時からまったく変わらない彼のスタイルである。

 その岩隈に「今季、自分の投球を支えている球種は何か?」と聞いた。例えば、ヤンキースの黒田博樹ならシンカー、レンジャーズのダルビッシュ有ならスライダーだろう。つまり、相手打者が最も意識している球種は何なのかと。

「相手打者が意識しているという点では、スプリットですかね。それは打者の反応からわかります。でも僕の場合は、黒田さんやダルビッシュほどのレベルではないですよ(笑)」

 そう謙虚に語り、続けてこう答えた。

「ただ今年はストレートがいいんです。それをうまく使えている感じはありますね」

 岩隈といえば、低めにボールを動かしながらゴロを打たせるイメージがあるが、実は今シーズン、ゴロアウトとフライアウトの割合はほぼ同じ。低めに目付けをする打者に対して、高めのストレート(フォーシーム)が非常に有効な球になっている。

 そして今季、岩隈が試合後に必ず言う言葉がある。

「自分の投球ができている」

 インパクトのある言葉ではないが、なかなか口にできる言葉でもない。アメリカに来て試行錯誤を重ねる選手は多いが、岩隈は何ひとつ変えていない。岩隈の表情は自信と充実感に満ちていた。

関連記事