2012.08.09

【MLB】スモルツの悲劇、再び? バーランダーの後継者がマーリンズに

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by Getty Images

 しかし今年3月、ビスカイーノはトミー・ジョン手術を受けることになり、今シーズン絶望となったのです。現在はメジャー復帰を目指して、リハビリの日々。それにもかかわらず、カブスはトレードで彼を獲得しました。リハビリ中の選手を獲得するなんて、常識的には考えられません。復帰後、ビスカイーノがどのぐらい活躍してくれるのか、非常に楽しみです。

カイル・ヘンドリックス(22歳/右投げ)
(テキサス・レンジャーズ → シカゴ・カブス)

 そしてもうひとり気になる投手が、カブスにトレードされました。7月31日にテキサス・レンジャーズは、ベテラン投手のライアン・デンプスターをカブスから獲得。その見返りとして、カブスは1対2のトレードのひとりにカイル・ヘンドリックスという22歳の右腕をチョイスしました。

 気になっている理由は、ヘンドリックスという投手がアイビーリーグのダートマス大学からレンジャーズにドラフト8巡目で入団した、言うなれば「まったく注目されていない選手」だったからです。しかも球速も、決して速くはありません。ではなぜ、カブスは獲得に動いたのか。それは、マイナー2年間で112個の奪三振に対し、フォアボールはわずか15個と、抜群の制球力を持っているからなんです。

 このように、リハビリ中の選手だったり、全然注目されていない選手だったり、今トレードでのカブスの動きは非常に興味深いと思います。それを指示しているのは、昨年までボストン・レッドソックスのGMを務め、2度のワールドチャンピオンに導いたセオ・エプスタインです。再建に動き出した古豪がどう蘇るのか、カブスの両投手の活躍と、エプスタインの手腕にも注目です。

関連記事