2022.05.14

2年連続ドラフト指名漏れも由規は「ポテンシャルは相当高い」。長尾光はNPB挑戦へ「3度目の正直」なるか

  • 菊地高弘●文・写真 text &photo by Kikuchi Takahiro

「いいボールを投げることと、相手を抑えることは違います。長尾はまだいいボールを投げる練習をしている段階。今は10球投げてハマるボールが1〜2球しかないかもしれないけど、繰り返し練習することで成長していってくれれば。そうすれば、少しずつ結果が出ていくはずです」

早くこっちへ来いよ

 埼玉武蔵には長尾のほかにも、同じく高卒2年目の太田大和という好左腕もいる。現在はやや壁にぶつかっている感のある太田にしても、繰り返し実戦を経験することで秋には見違えて成長している可能性だってあるのだ。

 長尾は「三度目の正直」に向けて、こんな思いを吐露した。

「もっとストレートの球威、球速を上げるのはもちろんですけど、コントロールが悪ければ意味がないので。両方上げつつ、試合でピシャッとしたピッチングを見せていきたいですね」

 高校時代の2学年先輩の山口航輝(ロッテ)とは、電話でやりとりをするという。

「早くこっちへ来いよ」

 そんな山口の言葉は、長尾に大きな希望をもたらしている。

 由規は最後に、こんな期待を口にした。

「伸びしろはまだまだあるんですから、育成ドラフトなんて言わず上位指名で行くつもりでやってもらわなければ困りますね」

 2度の指名漏れは、飛躍のための糧にするしかない。ドラフト会議までの約5カ月、長尾光はこれからどんな輝きを見せてくれるだろうか。

関連記事