2021.10.11

夏の甲子園で評価が急上昇。敵将も認めた「捕手力」を武器に京都国際・中川勇人はドラフト指名を待つ

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 じつは中川は、攻守だけではなく"走"にも自信を持っている。

「自分は走れるほうだと思っていますし、もっと磨いて武器にしたい」

 春と夏、甲子園では6試合経験したが、緊張はまったくしなかったという。

「初めて甲子園で試合をする時は緊張すると聞いていたのですが、まったくなかったです。むしろプレーがしやすくて、ほんとに楽しかった。ただ、甲子園では優勝できなかったことを含めて、まだやれたと思っています」

 強心臓ぶりも大きな武器だが、あくなき向上心を抱き続ける中川に、関心をよせるチームは多い。走攻守三拍子揃った捕手──今夏、評価を急上昇させたその能力には、夢が詰まっている。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事