2021.09.30

2021年ドラフトの1位指名候補たち。圧倒的大物不在で指名はバラけるか!?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 森木は中学3年時に軟式球で最速150キロを計測した、"元・スーパー中学生"。高校3年間では明徳義塾の高い壁に跳ね返され、甲子園出場はならなかったものの着実にレベルアップしている。打者に向かって加速する体感の快速球に、カーブ、スライダー、スプリットなどの変化球も質がいい。投手としての総合力は白眉だ。早熟に見られがちだが、現時点ではスキも多い素材型。本格開花するのはこれからだろう。

 大学生左腕なら隅田知一郎(西日本工業大)佐藤隼輔(筑波大)が双璧だ。

 隅田は今春の大学選手権で強打の上武大を相手に8回14奪三振の快投で一躍ブレークした。今永昇太(DeNA)を彷彿とさせるタイプで、キレのいいストレートは空振りを奪える好球質。スライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシーム、スプリットとどの球種でも勝負できる点もアピール材料になる。

 佐藤は仙台高時代からドラフト候補に挙がる大器。スポーツ科学の最先端を走る筑波大で体をつくり、変化球をあえてスライダーとチェンジアップの2球種に絞って慎重に育成されてきた。リリーフ時の登板では150キロ前後の快速球を投じる反面、先発時は力をセーブして140キロ前後と球速が落ち、迫力に欠ける時期もあった。

 だが、今秋のリーグ開幕戦では先発時でも自己最速の152キロを計測するなど、快投を披露。途中で腹部を痛めて降板したものの、ドラフト直前にスカウト陣に潜在能力を見せつけた意味は大きい。

 以上の5投手は重複1位指名があっても不思議ではない。彼らに続く存在をカテゴリー別にピックアップしてみよう。

 高校生投手なら、達孝太(天理)も1位候補になる。身長193センチ、体重88キロの長身右腕で、ポテンシャルにかけては風間、小園、森木をもしのぐ。現時点での姿を論じても無意味に思えるほど将来性があり、自分の肉体や感覚と向き合えるクレバーさも持っている。あとは本人が強いMLB志向を公言している部分を各球団がどう受け止めるか。