2021.08.27

夏の甲子園でプロ注目の12人をスカウトが分析。ドラ1候補になれる選手は?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

西日本短大付戦で4安打完封勝利を挙げた二松学舎大付の秋山正雲西日本短大付戦で4安打完封勝利を挙げた二松学舎大付の秋山正雲 この記事に関連する写真を見る 秋山正雲(二松学舎大付/投手/170センチ・75キロ/左投左打)

「上半身に無駄な力が入らず、下半身主導で投げられる理想的なフォームです。体が開かずに右打者のインコースに投げられるから、140キロでも詰まらせることができる。打者に向かっていく姿勢もすばらしく、メンタルの強さを感じます。プロでやっていけるだけの資質は十分に備わっています」(セ・リーグスカウトC氏)

「左でこれだけコントロールのいいピッチャーはそういません。春に見た時は変化球に課題があり、正直、育成での指名かなという感じでしたが、この夏は120キロ台のカットボールをうまく使って、ストレートの強さも増していた。評価は一気に上がりました。170センチの身長を心配する声もありますが、気持ちの強い選手なのでそこはカバーできると思います」(パ・リーグスカウトD氏)