2021.08.15

愛工大名電・田村俊介が堂々の二刀流宣言。指揮官も「大谷翔平を目指せ」と太鼓判

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 高校野球の現場で「大谷翔平選手に憧れている」と語る選手は多くても、「大谷翔平を目指せ」と発破をかける指導者は少ない。大谷の資質があまりにケタ違いで、「大谷だけは特別」という雰囲気がある。そんななか、倉野監督が田村に「大谷翔平」を求めるのは、それだけの才能を認めたからに他ならない。

 田村にどんな存在になってもらいたいかを聞くと、倉野監督はこう答えた。

「勝負強い選手になってもらいたいですね。ここぞの場面で力を発揮できる、スター性のある選手ですから」

 選手や恩師の思いと、評価する者の思いは違うかもしれない。それでも、高い志を持って険しい山を越えようと努力する人間がいる。その事実だけで、野球界の未来は明るい。田村俊介の挑戦はいよいよ、大きなターニングポイントに差しかかっている。

関連記事