2021.07.21

スカウト注目の日大藤沢・柳澤大空は新井貴浩を彷彿する強打者。「技術は三流、体は超一流」から大成なるか

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

 現段階で柳澤は「プロ志望届を出したい」と語り、山本監督も「できるだけたくさん練習できる環境に入れてやりたい」とあと押しする。

「今年に入って成長した部分は?」と聞くと、柳澤は少し考えてからこう答えた。

「今まで監督から『下半身を使って打って』と言われてきたんですけど、どうしても上体の力でバットが先に出て、ワンバウンドの変化球を振っていました。でも、監督に打てない時もずっと試合に使ってもらって、少しずつできるようになってきました」

 何事も習得するまでに時間がかかってしまうかもしれない。だが、時間をかけて手に入れたものは、簡単には手放さないものだ。

 その名のとおり、柳澤大空の可能性は青天井に広がっている。ゆっくり着実に、一歩一歩進んでいけばいい。おとぎ話のカメだって、最後はウサギを抜かしていくのだ。

関連記事