2021.06.21

高校で控え→プロ野球を目指すまでに成長。努力の塊・仲田慶介の一芸

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 さらに守備面では「ユーティリティなところをアピールしたい」と、三塁や遊撃を自主的に練習している。高校時代に内野経験があるだけに、問題なくこなせる自信があるという。打撃面もミスショットを減らすべく、振り込んでいる。

 ここまで明確にプロ入りを意識し、努力で上り詰めてきた選手も珍しい。実力をつけるにつれ、仲田は自分の内面が変わってきたと感じるという。

「高校時代はかなり控え目な性格でした。周りのスターたちに圧倒されて、なかなか前に出られなかったんです。でも、大学ではだいぶ明るくなったと思います」

 今年のドラフト上位指名候補に挙がる三浦や古賀とともに、仲田もプロ入りする可能性は十分にある。高校時代の関係者はみな仲田の急成長に驚きを隠さないが、三浦だけは「努力しているのは知っていたから、いずれこうなると思っていた」と仲田を称えたという。

 4年前の高校野球雑誌に、仲田は「好きな言葉」としてこんな言葉を選んでいる。

「努力は嘘をつかない」

 愚問と思いつつ、仲田に確認した。「今の好きな言葉は何ですか?」と。

「今も変わらず、『努力は嘘をつかない』です。たとえドラフトにかからなくても、独立リーグからNPBを目指します。25歳までに絶対にプロに行くと決めています」

 インタビュー中、仲田は何度も「自分には才能がない」と繰り返した。だが、これだけ信念を曲げずに努力できるのも、ひとつの才能だろう。大学屈指の爆肩外野手は、今日も黙々と努力を積み重ねていく。

関連記事